猫のダイエット

キャットフードで体重管理

最近肥満気味の猫が増えているのではないかと思われます。
太っていたら丸くて、コロコロし、見た目は可愛らしいです。
なので太ってる方が良いと思っている飼い主も多いです。

しかし、太っていることにより健康を害してしまうことも多いのが事実です。
太っている方が健康的だという認識は、間違っています。
太ることにより、血液はどろどろになります。

これは猫だけではなく、人間でよく言われていることではないでしょうか。
人もまた、太っていたら体に悪いと言われています。
猫も全く同じなのです。

太ることにより肥満を招き、心臓病や血栓のつまりなど命に関わる病気を招いてしまいます。
太ることで、突然死の確率がグンと上がってしまうのです。
人の場合、自己管理が悪いと言われてしまうかもしれませんが、猫の場合は違います。

猫は飼い主に与えられた食事を食べているだけなのですから、そのせいで肥満になってしまい突然死の危険性が高まってしまうのです。
それは、猫にとってすごくかわいそうなことだと思いますし、飼い主の無責任を表していると思います。
肥満防止には、適度な運動が大切です。

人間もそうですが、猫もまた適度な運動をしていかなければなりません。
無理な運動は行けませんが、適度な運動を行うことによりエネルギーを消費することができて、ダイエットに繋がるのです。
人間社会だけではなく、猫社会でもダイエットが流行っているのかもしれません。

猫をダイエットさせる場合、運動に加えてキャットフードも選んでいきましょう。
キャットフードは、ダイエットに適しているものやダイエット用のものも沢山のです。
肥満防止のキャットフード、ダイエット用のキャットフードは少ない量で満腹感を感じることのできるよう作られています。

少ない量で満腹感を感じることができるので、自然と食事量を減らすことができるのです。
無理やり食事量を減らしてしまうとストレスになってしまって、体に悪い影響を与えてしまいますが自然に減らすことができるのでストレスもありません。
少ない量でもキャットフードには健康を維持するために必要な栄養分がたっぷり入っているので、安心してダイエット中でも与えることのできるキャットフードなのです。

Menu