猫のダイエット

代表的な添加物

市販のキャットフードには様々な添加物が入っています。
多くの人は、そこまで添加物に気を使うことがないかもしれません。
大手メーカーのキャットフードだから安心だとか、ペットショップにあったので安心だとか、あまり深く考えていない結果だと思います。

しかしあまり深く考えていないせいで、大切な猫に有毒な添加物の入っているキャットフードを与えてしまうことがあるのです。
有害な添加物の入っているキャットフードを与えないためにも、飼い主は責任を持って添加物について理解しておかなければならないのです。
添加物の理解を深めることにより、より質の良いキャットフードを選ぶことができて与えていくことができるのです。

日本では、キャットフードに対する規制が一つもありません。
なので、人間は食べることもできない食材がキャットフードに使われていることもあります。
そして、人間に使うことが禁止されている添加物がキャットフードに入っていることも多々あるのです。

キャットフードに入っている添加物として、酸化防止剤や保存料が代表的なものになってくるのではないかと思います。
市販のキャットフードのほとんどには、これらが入っているのです。
酸化防止剤は、キャットフードの酸化を防ぐことが可能となり長くキャットフードを保存することができます。

しかし酸化防止剤には、発癌性と疑われる物質が入っていたり老化を早める成分が入っているのです。
また保存料は、酸化防止剤と同じように腐ったり傷みを防ぐもので、それが入っていることによりキャットフードを長く保管することができます。
キャットフードを長く保管することができれば人にとってはすごく便利だと思いますが、便利だけでキャットフードを選んではいけません。

保存料にまた発癌性が疑われている成分が沢山入っているのです。
子猫の時から毎日そのような添加物の入っているキャットフードを食べていれば、体調を崩してしまう恐れもあるのです。

Menu