猫のダイエット

キャットフードの変更の仕方

今使っているキャットフードから、別のキャットフードに変更する時いきなり変更してはいけません。
古いキャットフードに新しいキャットフードを少しずつまぜながら、少しずつ変えていかなければならないのです。
面倒な事に思えますが、そうしなければ猫が体調を崩してしまうこともあります。

猫はすごくデリケートな生き物です。
ちょっとしたストレスで膀胱炎や尿路結石になってしまうことはしょっちゅうありますし、その他病気になってしまうことも多いです。
精神的なストレスでもそうですし、肉体的なストレスでもそうです。

精神に、肉体にストレスを感じてしまうと病気になってしまったり、吐き戻しが続いたりするのです。
猫はよく吐き戻しするので、多少吐き戻しがあっても飼い主は気にしないかもしれません。
しかし体調変化のサインとして、猫の吐き戻しには十分に注意が必要なのです。

病気を見過ごしてしまうことになるかもしれませんし、ストレスに気づいてあげることができない場合もあります。
ただの吐き戻しが、気付けばストレスの塊になりさらなる体調悪化を招くこともあるのです。
古いキャットフードから新しいキャットフードに変更する時、いきなりすべてを変えてしまうと猫は激しい吐き戻しをしてしまう可能性があります。

吐き戻しのせいで十分な栄養をとることができなくなりますし、猫にとってもストレスになります。
また猫は習慣を好む動物なので、いつも食べていたキャットフードではなく新しいキャットフードにいきなり変わってしまうと戸惑ってしまうことも多いです。
戸惑いが精神的なストレスになり、猫に負担を与えてしまうことがあるのです。

肉体的なストレス、精神的なストレスのことを考えてキャットフードを変更する時には、少しずつ変更していかなければならないのです。
まず初めはスプーン一杯、翌日はもう少し多く、そのように少しずつ増やすことが理想です。
猫はすごくデリケートな動物です。

そのことを忘れてはいけません。
食事変更の時にも気を遣ってあげることで、無理なくキャットフードの変更が可能になってくるのです。

Menu