猫のダイエット

キャットフードに使用されている合成保存料は安全?

市販のキャットフードの多くには合成保存料が使用されています。
合成保存料を使用しないと、長く保存することができないためです。
確かに市販のキャットフードは、合成保存料のおかげで長く保管することができ、便利な部分が多いです。

買いだめすることもできますし、食べなかった分は封をして次の食事に置いておくことができます。
しかし便利だけでキャットフードを選んではいけないのです。
合成保存料が使用されているキャットフードはすごく便利ですが、その分危険が伴っていることを忘れてはいけません。

合成保存料には危険がいっぱいなのです。
キャットフードに使われている合成保存料は、代表的なものでブチルヒドロキシアニソール、ブチルヒドロキシトルエン、エトキシキン等です。
キャットフードのパッケージの表示を見てみると、それらが掲載されているはずです。
これらは当たり前のようにキャットフードに使われている合成保存料ですが、大変危険を伴っている添加物であることを私たちは認識しておかなければなりません。

そうでなければ、大切な猫の健康を守っていくことができないのです。
ブチルヒドロキシアニソール、ブチルヒドロキシトルエン、エトキシキン、どれも難しくて、一瞬で覚えられるような名前ではありません。
しかしこれらをしっかりと覚えて、そしてそれらの危険性についても認識しておく必要があります。

全ての保存料において、発癌性が疑われているのです。
また、海外では人間には使う事のできない保存料もあります。
キャットフードに使うことの禁止されている保存料を、大切な猫のキャットフードに使うなんて、飼い主としては許せないことです。

許せないことなのに、その事実を知らない人も多いのです。
自分の知識不足のせいで、大切な猫の食を危険な物にしてしまったら、それは飼い主の責任になります。
危険な合成保存料も使われていないキャットフードを選んで、猫に与えていかなければなりません。

合成保存料が使われていない分、キャットフードの保存期間が短くなる可能性があります。
それにより不便な部分も出てくるかもしれませんが、猫の健康にかえることはできないのではないでしょうか。

Menu