猫のダイエット

症状に合わせた原材料で選ぶキャットフード

猫の高齢化が進む中、猫の病気も増えてきています。
高齢化が進んでいるので、病気の猫が増えてしまうのも仕方のないことです。
動物医療が発展し、質の良いキャットフードがどんどん開発されているので、これからもますます猫社会は高齢化していくことだろうと思います。

そしてますます、病気になってしまう猫が増えるのも事実だと思います。
動物病院で病気治療しながら、症状に合わせた原材料でキャットフードを選んでいく必要があります。
動物病院で病気治療しているのに、病気に関係ないキャットフードを与えていたら治療の妨げになってしまうことだってあります。

逆に動物病院で病気治療しながら、さらに病気の症状に合わせたキャットフードを与えることで、それぞれの相乗効果を期待することができるのではないでしょうか。
食べ物は薬と同じように、効果をもたらしてくれます。
なので、症状に合わせた原材料でキャットフードを選んでいくことが大切なのです。

猫の死因の一番は腎不全だと言われています。
猫はもともと腎臓が弱いと言われていますし、水もあまり飲まない体質です。
老猫になると必ず、腎臓疾患を持ってしまうといっても過言ではありません。

それくらい、猫にとって腎臓の病気は深刻な問題なのです。
腎不全などの場合は、腎臓に良いと言われているキャットフードを選ばなければなりません。
原材料としては、質の良い低タンパク質を使っていることが第一条件になります。

また尿路結石も猫がしょっちゅうなってしまう病気です。
放っておくと腎不全になってしまって命を落としてしまう病気なので、気をつけなければなりません。
尿路結石予防のキャットフードは、マグネシウムの少ない原材料で作られていなければなりません。

尿路結石になったことのある猫には、マグネシウムの少ない原材料で作られているキャットフードを選んで与える必要があります。
繰り返しなってしまう病気なので、原材料をしっかり見てマグネシウムの少ないものを選びましょう。

Menu