猫のダイエット

ドライタイプのメリットとデメリット

猫のキャットフードとして、ドライタイプを与えている人は多いのではないでしょうか。
キャットフードにはいろいろな種類がありますが、ドライタイプを一くくりにして考えてみると、様々なメリットがあります。
ドライタイプのキャットフードは何といっても保存することが可能です。

合成保存料の入っているキャットフードはかなり長期間保存することができますし、無添加のキャットフードの場合でもある程度保存することができます。
なまものではないぶん、ある程度の長期保存が可能になってくるのです。
飼い主にしてみれば、保存が利くというのは有り難いことですよね。

何度も買い物に行く必要がなくなりますし、うっかり切らしてしまったと言うこともなくなります。
また数日分のキャットフードを購入することができ、価格的にもウェットタイプのものより安くなります。
経済的な面から見ても、ドライタイプのキャットフードにはそのようなメリットがあります。

また、ドライタイプのキャットフードには歯磨き効果があります。
猫は歯石がたまると口内炎になったり歯肉炎になったりします。
そのようになってしまうと口の痛みのせいで、食欲がなくなってしまいますし、最悪の場合には一口もご飯が食べられなくなってしまいます。

病院で治療してもなかなか改善することも感じすることも難しい病気だと言われています。
ドライタイプのキャットフードは、その形状により噛み砕くとき歯石を取り除けるようになっています。
口の中が悪くなってしまいやすい猫にとって、これはかなりのメリットになるのではないでしょうか。

メリットだけではなく、ドライタイプのキャットフードにはデメリットもあります。
ドライタイプのキャットフードは見た目の通り、乾物です。
なので、キャットフードだけで水分補給をする事はできませんし、喉が渇いてしまいます。

腎臓の悪くなりやすい体質の猫にとって、これはデメリットになってしまうのです。
ドライタイプのキャットフードのメリットデメリットをしっかり知り、飼い猫のことを考えてより良いキャットフードを選んでいく必要があります。
また、子猫を飼っている方は子猫用のドライキャットフードについても記事もご覧ください。

Menu