猫のダイエット

形状別キャットフードの種類

一口にキャットフードといっても、いろいろな種類があります。
様々なメーカーがキャットフードを販売していますし、それぞれの商品により味が違ったり栄養分が違ったり、成分が違ったりするのです。
そして、キャットフードの形状もまたいろいろな種類があります。

毎日食べる食事の形状、実はすごく大切な問題なのです。
成分や栄養分ばかりに注目しているのではなく、キャットフードの形状にも注目しながらキャットフード選びをしていかなければならないのではないでしょうか。
キャットフードの形状にまで気を遣ってこそ、さらなる猫の健康を願うことができるのです。

例えば子猫のキャットフードの場合、その形状は成猫のものとは大きく異なってきます。
小さな形状ですし、食べ易いように噛み砕き易いように若干複雑な形に作られているものが多いです。
猫にとって歯石の問題は深刻です。

人間のように毎日歯を磨くわけではないので、猫の歯には歯石がかなりたまってしまいます。
そのせいで口内炎が出来たり歯肉炎になったり、口の中であらゆる炎症が起きて痛みのため食事すら満足にできなくなってしまうこともあります。
それを予防するためにも、キャットフードの形状には気を遣っていきましょう。

歯石を取り除きやすい形状のキャットフードが最近では多く発売されています。
噛み砕くとき歯磨き効果を発揮してくれるキャットフードが最近では増えてきているのです。
そのようなキャットフードを日常的に与えることで、歯磨き効果を期待することができ歯石予防に繋がっていくのです。

このように、キャットフードにはいろいろな形状の種類あり、形状の違いだけで病気を予防できたり、食欲旺盛にしたりそれぞれの効果を期待することができます。
毎日食べるものだからこそ、その形に注目して注意して、飼い猫にぴったりのキャットフードを探していくことが大切です。
キャットフード選びの時には、形状にも気を使って行きましょう。

Menu