猫のダイエット

無添加のキャットフードとは

市販のキャットフードには様々な添加物が含まれています。
人の食品の添加物には気を使うのに、猫の食べ物であるキャットフードの添加物には気を使わないなんて、おかしな話だと思います。
飼い主としての責任があるのであれば、猫の食べ物であるキャットフードの添加物にも気を遣っていかなければならないのではないでしょうか。

しかも猫の食べ物であるキャットフードの添加物は、大変危険な物が多いと言われています。
発癌性があると言われているブチルヒドロキシアニソールは、様々な実験により胃がんなど悪性腫瘍を誘発する添加物だと言われています。
市販のキャットフードには、そんなブチルヒドロキシアニソールが使われているのです。

エトキシキンと言う添加物もまた、肝臓がんなどの悪性腫瘍を誘発する添加物です。
そのように恐ろしい添加物がキャットフードに入っていて、そしてそれを毎日大切な猫にあげているなんて、飼い主にしてみれば本当にショックなことではないでしょうか。
無添加のキャットフードを与えることで、それらの心配がなくなります。

毎日口にするものなのですから、無添加のキャットフードを選んでいく必要があるのではないでしょうか。
最近ではアレルギーを持っているペットが増えてきているといいます。
人間社会でもまたアレルギーを持っている子供たちが増えてきていると言われていますが、同じ環境の中生きているため、動物社会でも同じことが起きているのです。

人間同様、無添加の食事はアレルギーを持つ動物に適しています。
普通のキャットフードでは体調を崩してしまうような猫でも、無添加オーガニックのキャットフードで元気になることがあります。
飼い主も気づいてあげられていないようなアレルギーを起こしているような可能性もあるのです。

ペットの体調が悪いときには病院に行くだけではなく、キャットフードも変えていく必要があるのではないでしょうか。
無添加のキャットフードに切り換えた途端、猫が元気になったという例は多くあるのです。
毎日食べる食事、それは命を左右するくらいに大切なものなのです。
私たちはそのことを忘れてはいけません。

Menu