猫のダイエット

猫の成長に合わせたフードを与えよう

猫の高齢化が進んでいます。
少し前までは平均寿命9歳程度だと言われていたのに、今では平均寿命が13歳程度だと言われています。
少し前と比べて、かなり平均寿命が延びているのです。

もちろん平均寿命以上に長生きする猫も沢山いますし、20歳の猫も最近では珍しくなくなってきているのです。
猫の高齢化が進んでいるのですから、年齢のことも考えながらキャットフードを選んでいかなければなりません。
すごくおじいさんおばあさんなのに、子猫用のキャットフードを与えていたら栄養分の取り過ぎになってしまって、健康にはよくありません。

最近では年齢のことも考えられて、いろいろなキャットフードが販売されています。
猫の成長に合わせたキャットフードを与えることで、さらに猫の寿命を延ばすことができるのです。
子猫には子猫に必要な栄養分があります。

しっかりと成長していかなければならないので、たっぷりの栄養分が必要になります。
成長の過程の中で一番高カロリーな栄養が必要な時期になります。
成猫には成猫に必要な栄養分があります。

子猫の時のように高カロリーすぎない栄養が必要になり、また腎不全予防や尿路結石予防を考えた成分配合のキャットフードが重要になってきます。
質の良いタンパク質で腎臓を守ることができ、マグネシウムを少なくする事で尿路結石予防になります。
老猫には老猫に必要な栄養分があります。

カロリーは抑えて、何より体に負担をかけないような優しい食事が重要です。
つまり、成長に合わせてキャットフードを変えるというのは、人間と全く同じことなのです。
若い時にはカロリーたっぷりのエネルギーになるような食事を心がけ、年齢が高くなるにつれて体に負担がないような優しい食事を心がけなければならないのです。

病気になってしまった猫には、病気治療のキャットフード+年齢別のキャットフードを考えていく必要があります。
細かく年齢別になっているキャットフードも最近では多く販売されるようになってきました。

Menu