猫のダイエット

手作りキャットフードを作ってみよう

人の食べ物には使用許可の降りていない添加物が、キャットフードには沢山含まれています。
発癌性があると言われている添加物も多い中、無添加キャットフードに注目が集まっています。
ペットは今や私たちの家族であり、私たちの本当の子供になっています。

猫を大切にしたいと思うのであれば、無添加キャットフードを与えていく必要があるのです。
小さな体なのですから、少しでも負担のない食事を与えていかなければなりませんし、たっぷりの栄養を吸収させなければなりません。
それにはやはり、無添加キャットフードが適しているのです。

いろいろなメーカーが無添加キャットフードを販売していますし、様々な種類を選んでいくことができます。
しかし無添加キャットフードに興味があるのであれば、一度自分で作って見てはどうでしょうか。
キャットフードなんて自分で作ることができるのか、不思議に思う人も多いかもしれません。

しかし実際に無添加キャットフードを飼い主が作っている例は多いのです。
手作りの無添加キャットフードを猫に与えることで、食の安全を守っていくことができると思います。
お店から購入するのではなく、自分で食材を集めて料理する、これ程安全なキャットフードはないと思います。
味もまた、猫のお好みに合わせて飼い主が変えてあげることもできます。

そうすることで、猫ちゃんとの絆も深まっていくのではないでしょうか。
手作りキャットフードの作り方は、ペット雑誌や専門の本などに掲載されています。
また、インターネット検索やモバイル検索でも手づくりキャットフードの作り方を見つけることができるでしょう。

人の料理と同じで、無添加素材を鍋で煮たり混ぜたりしたら良いだけです。
味付けはできるだけ薄く、素材の味を存分に活かした料理を作りましょう。
難しいと思っている人も多いかもしれませんが、無添加キャットフードはすごく簡単に作ることができるのです。
ただし、与えてはいけない野菜などはよく調べてから作るようにしましょう。
にんじんキャットフードなんていうものも存在しますが、猫ににんじんは不要です。

ぜひ一度無添加キャットフード作りにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

Menu