猫のダイエット

キャットフードを食べないときは

食欲旺盛なだけで健康的に見えるものです。
実際に不健康なとき、あまり食欲はわきません。
病気が悪くなっているとき、食欲がなくなってしまいます。

食欲である程度健康をはかっていくことができると思います。
そのように注目して生きたい食欲ですが、猫はグルメなので自分の好きなものしか食べようとしません。
体調が特別悪くなくても、気に入らないキャットフードならば一口も食べようとしないことだってあるのです。

古いキャットフードから新しいキャットフードに変えたいと思っている時、うまくしなければ全然食べてくれなくなることもあります。
キャットフードに対して悪い印象を与えてしまうことにより、今まで食べてくれていたキャットフードまで嫌な印象がついてしまって、何も口にしなくなってしまうことだってあるのです。
猫はそれくらい敏感でデリケートな生き物だと言うことを忘れてはいけません。

新しいキャットフードに変えたいとき、何かしらの事情でキャットフードを食べなくなってしまったとき、キャットフードに対して良い印象を与えていかなければなりません。
別のキャットフードに切り替えるという方法もあります。
別のキャットフードにすることにより気分が変わって、一気に食べてくれると言うこともあります。

またドライタイプのキャットフードを使っているような場合にはウェットタイプのキャットフードを使ってみても良いです。
逆にウェットタイプのキャットフードを使っているような場合にはドライタイプのキャットフードを試してみてはどうでしょうか。
二つのタイプを混合しても良いと思います。

ドライタイプのキャットフードをお湯でふやかすという方法もあります。
裏技になってしまうのですが、刺身やかつおなどを少量まぜて、キャットフードに良い香りをつけるというのも一つの方法ではないでしょうか。
人間の食べるものは味が濃いので猫に与えてはいけないのですが、最終的な手段としてどうしてもキャットフードを食べてくれない時にはそのような方法もあるのです。
繰り返しいろいろな方法でキャットフードを与えることにより、食べてくれるようになるでしょう。

Menu