猫のダイエット

キャットフードの保存の仕方

キャットフードは、大きな袋になればなる程割安です。
しかし、大きな袋のキャットフードを購入してしまうと、長く保存しておかなければならないことになります。
猫の多頭飼いならばそれでも凄いに使いきることができるかもしれませんが、沢山猫がいないような場合。

大きな袋を購入することに抵抗を覚えてしまうのではないかと思います。
たとえ保存料などが使われていて、長く保管できるようなものでも何ヶ月も置いておきたくはありません。
何ヶ月も置いておくことで品質は確実に落ちますし、その分栄養も落ちてしまいます。

味もしてしまうので、猫も食欲が減退してしまうのではないでしょうか。
健康維持のためには、品質の良いものを与えていかなければなりませんし、なるべく新鮮な状態でキャットフードを与える必要があります。
またおいしい味のものを与えなければ、しっかり食べてもらえませんし栄養が吸収できなくなってしまいます。

だからといって小さな袋のキャットフードばかり購入していると、割高になってしまう場合が多いです。
 キャットフードの品質を保ちながら、さらに味も保ち、長く保管する方法として冷凍保存がよく使われている方法です。
冷凍保存することにより、品質をそのままに保っておくことができます。

冷凍保存することで、キャットフードの品質を損なうことなく長く保管することが可能になってくるのです。
無添加のキャットフードは保存料の入っているキャットフードと比べて保存が効かないと言われています。
ですが、冷凍保存するなどの方法で長く保管しておくことが可能になるのです。

冷凍保存することにより、キャットフードの味もそのままに保つことができます。
長期間普通に保管しておくことにより、味はかなり落ちてしまいます。
それはキャットフードだけではなく、どのような食品にでもいえることではないでしょうか。

味を保つためにも、冷凍保存は大切なのです。
このように長期間保管することが難しいと思われているようなキャットフードでも、工夫一つで、長期間保存が可能になってくるのです。
飼い猫のために頭をひねり、工夫することでお互いにとってより良い環境を作っていくことができます。

Menu