猫のダイエット

キャットフードの成分

人は肉や魚、野菜やフルーツ等をバランスよく食べていかなければなりません。
それらのバランスを崩してしまうと、体調を崩してしまうことになります。
もっとひどいときには、体調を崩してしまうだけではなく病気になってしまったり、命に関わることだってあるのです。

しかし猫の場合は、キャットフードだけで健康を維持していくことが可能です。
むしろ、人の食事を与えず、キャットフードを与え続けることで平均寿命も伸びてきていると言われています。
キャットフードは大変すぐれている、猫のために研究を重ねて作られた猫のためだけの食べ物なのです。

動物医療が発展するとともに、キャットフードの性質が上がってきているので、猫たちの平均寿命は伸び続けていますし、これからも伸びていくのではないでしょうか。
気になるキャットフードの成分ですが、キャットフードには、猫に必要な成分がふんだんに使われています。
栄養価が高く、生きていく上で必要な五大栄養素はもちろんのことを、骨を強くして体の基盤を作ってくれるカルシウムやエネルギーを与えてくれるミネラルなどが入っています。

最近では猫の体の特徴が研究され、猫の体に悪影響を及ぼすような成分が排除されるようになってきています。
昔のキャットフードと違い、最近のキャットフードはそのように、より猫の健康維持できるように作られているのです。
例えば猫にとって、マグネシウムはあまり取っては良くない成分になります。

マグネシウムを沢山とってしまうと、尿がきちんと出なくなる尿路結石になってしまいます。
塩分が多いと、腎臓病にもなってしまいます。
特に猫は腎臓が弱いと言われているので、塩分には気をつけていかなければなりません。

最近のキャットフードは塩分があまり使われないようになっています。
またマグネシウムも少ないものが増えてきています。
同じキャットフードでも、成分によって内容は大きく変わってきます。

私たちはキャットフードを選ぶ時、注意深く成分表を見る必要があるのではないでしょうか。

Menu