猫のダイエット

悪質なキャットフードの見分け方

どのような世界にも悪徳業者はいますし、悪質な行為は行われています。
それはペット業界においても同じことが言えて、キャットフードにも悪質な物があるのです。
お店で売られているから安心だとか、ペットショップにあったので大丈夫だとか、名前を知っているメーカーのものだから心配ないとか、そのような先入観を持っていてはいけません。

悪質なキャットフードがある、それを念頭にキャットフード選びをしていかなければならないのです。
慎重にキャットフード選びをする事により、良質なキャットフードを見つけることができて、猫に与えることができ、猫を長生きさせることができるのです。
 しかし良質なキャットフードと悪質なキャットフード、どのようにして見分けていけば良いのでしょうか。

形で簡単にわかるわけではありませんし、香りで簡単にわかるわけでもありません。
一瞬見ただけで分かるようなものではありませんし、良質なキャットフードの見つけ方、悪質なキャットフードの見つけ方をきちんと把握しておかなければならないのです。
悪質なキャットフードを見分ける方法http://www.safestreetsfund.org/annzennsei.htmlは、実は簡単です。

購入したキャットフードをコップに入れた水につけましょう。
しばらく放置しておくと、それがどのようなキャットフードなのか分かります。
水の色がものすごく変化しているようであれば、それは着色料がかなり入っているキャットフードです。

色がものすごく変化するということは、必要以上に着色料が使われているという証拠です。
ふやかしたキャットフードを、放置しておきましょう。
数日放置しているのに腐らないような場合は、かなりの保存料や酸化防止剤が入っていると考えられます。

数日放置しているのに腐らないと言うのは、異常なことなのです。
また虫が寄ってこないような場合も注意が必要です。
虫がよって来ないような場合は防虫剤がふんだんに使われていると考えられるので、そのようなキャットフードを猫に与えることによりそれらを食べさせていることになってしまいます。

すごく簡単な見分ける方法なので、試してみてはどうでしょうか。

Menu