猫のダイエット

ウェットタイプのメリットとデメリット

キャットフードと言えばドライタイプと、ウェットタイプがあります。
ドライタイプのキャットフードだけを与えている飼い主もいますし、ウェットタイプのキャットフードだけを与えている飼い主もいます。
また両方のタイプを与えているという飼い主もいるでしょう。

ドライタイプのキャットフードには、歯磨き効果があったり値段的にやすかったりといろいろなメリットがあります。
ではウェットタイプのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ウェットタイプキャットフードのメリット一番にあげられるのは、水分の多さです。

ウェットタイプキャットフードの75%程が水分だと言われています。
猫は砂漠出身で、水分補給が少なくても良い体です。
そのため猫自身水分補給する機会が少なく、そのせいで腎臓が悪くなってしまいやすいのです。

そんな猫にとって、たっぷりと水分補給のできるウェットタイプのキャットフードは腎臓に良い効果をもたらしてくれるのです。
無理やり水を与えてもなかなか飲んではくれないのですが、ウェットタイプのキャットフードならば食事をしながらたっぷり水分補給できるのです。
またウェットタイプのキャットフードは、ドライタイプのキャットフードと比べて味がおいしいと言われています。

もちろん猫によって好みは変わってくるので、ドライタイプのキャットフードの方が好きな猫も沢山いるでしょう。
ですが、一般的にはウェットタイプのキャットフードを好む猫が多いのは事実です。
しかしそんなウェットタイプのキャットフードにも、デメリットはあります。

まず、ドライタイプと比べて歯石がたまりやすいと言われています。
それでなくても歯磨きをする事のない猫は歯石がたまりやすいのに、さらにたまりやすいというのはかなりのデメリットになります。
栄養分もドライタイプのものと比べて、五大栄養素がすべて入っているとは言えませんし、猫の体にとってはどちらかというとオヤツみたいな存在になってしまいます。

このように、ウェットタイプにはメリットデメリット、どちらもあるのです。
ドライタイプとウェットタイプ、それぞれのメリットデメリットを理解して、うまく猫に与えていきましょう。

Menu